天草の美味しさ

熊本県天草には、食通もうならせるたくさんの“美味しい”が溢れています。 一年通していつでも海の幸、山の幸を楽しめる天草の魅力をご紹介します。

熊本県天草市とは

九州地方に位置する120余りの島々からなる諸島熊本県天草市。太古から人の営みの跡が見られ、豊かな海、山に囲まれています。 車海老、生うに、アワビ、ふぐなどの希少で高級な食材がすくすく育つ天草の海は、“宝の海”とも呼ばれています。

世界遺産に登録された「津集落」や伝統的な文化に触れるツアーや、「イルカウォッチング」などの自然を楽しむツアー、壮大な海を見渡せる絶景ポイントなど、天草は観光地としても大変人気です。

熊本県天草の海はこんなにすごいんです

天草は日本の秘境といわれるほど、古くからの美しく、生命力にあふれた海が残る場所。 海域により海流、地質など様々で、冬は暖かく、夏は比較的涼しい海洋性気候は、種多様な海産物を育てるのに、この上ない環境と言えます。

熊本県の広大な森から天草の海に流れ込むミネラルたっぷりの水

阿蘇山をはじめ九州山地の山々が連なり、県面積の61%が森林である熊本県。海の生き物の生育には、川から流れ込む山や森の栄養分が深く関わっています。

何万年もの歳月をかけ形成された地層により濾過されミネラル成分をたっぷり含んだ水や森の栄養分が川からから海へ流れ込みます。

北は有明海、東は八代海(不知火海)、西は天草灘に囲まれた天草諸島

天草諸島は熊本県の最西端に位置し、北は有明海、南東に八代海、西南に東シナ海(天草灘)と3つの海に囲まれており、それぞれ特徴が違います。

八代海(不知火海)

北部は干潟域が広がり内湾性の海ですが、南部に行くにつれ外洋性の特徴が強くなっていきます。

球磨川などの河川から豊富な栄養分が流れ込み豊かな生態系が育まれています。

有明海

有明海の中でも天草地域の海域を天草有明海と呼びます。

干潟で有名な有明海ですが、天草有明海は岩礁域が多く見られ、潮の流れが速く、外洋水と内湾水が混じるという特徴から、全国でも生産力の高い漁場として知られています。

イルカが群れで住み着いており、イルカウォッチングが行われています。

天草灘(東シナ海)

対馬暖流の影響を受け、潮流が強く、風波が強い海域で、回遊魚や伊勢海老の好漁場として全国でも評判が高いです。

穏やかな入り江では、魚類、真珠などの養殖業も営まれています。

天草の海はイルカが自生するほど美しい

イルカは群れで回遊するのが普通ですが、天草の海には全国的に珍しく、約200頭の定住するイルカが1年通して見ることができます。なぜこんなにイルカが居るのかというと、

  • イルカのエサとなる小魚などがたくさんいる海域である。
  • 海底の起伏が激しくサメが入れないためイルカが生息しやすい地域となっている。
  • イルカの住んでいる五和町二江地区の漁業は、裸潜り漁業を中心として発展してきた為、イルカとの共存関係がはぐくまれていた。

などの理由が挙げられます。

Top